筋トレは重く考える必要はない

筋トレと考えると、何も知らない人から見ればすぐにアーノルド・シュワルツネガーみたいになっちゃうのかな…。などと心配する声がたまにありますが、そんなことはありません。

アーノルド・シュワルツネガー他、そもそもボディビルダーとは、5年という歳月を費やさなければ到達できない壁をぶち破った特殊な人たちです。
http://www.exobrass.com/

また、形から入ろうとしてジムに通う選択肢はありますが、長続きしない可能性もありますので、先ずは自宅などで、ランニング、腕立て伏せ、腹筋背筋、スクワットなど基本の筋トレを行いましょう。

器具があった方が効果的ですが、それはある程度鍛えた中級者からと考えてもいいでしょう。

最初のころは、自宅にあるものでも十分に代用できます。

腕立てをするときは分厚い雑誌を使い、更に奥まで腕立てです。

腹筋は一般的な腹筋運動とは別に、プランクと言われるものがあります。さらに強い運動はドラゴンフラッグですね。

背筋は高重量を持ち上げると腰を悪くさせてしまう可能性があるので、こちらは低重量高回数がちょうどよいです。

スクワットの場合、両手にペットボトルを持つか、大きめのバッグに詰めて背負いましょう。

これらちょっとした工夫でも、十分な運動になります。

それなので、ジムや器具などはお金がかかってしまい、場合によっては継続出来ずお金をかけただけ無駄に・・・などということもあるので、身近な方法で試してみてからでも遅くはありません。

この段階まで筋トレにハマってきたら時に、ジム通いを検討してみてはどうでしょうか。