筋トレ初心者はまずインストラクターのいるジムへ

体を本格的に鍛えたいと思ったら、まずは自宅筋トレよりもジムに行くことをお勧めします。しかも器具だけが置いてあるジムより、まずはインストラクターがいて指導を受けられるジムの方が良いでしょう。
http://sdpturku.net/

筋トレはただ単に重い重量で鍛えれば良いというものではありません。正しいフォームで、必要な負荷をかけてトレーニングをしなければ、鍛えたいと思った部位の筋肉に正しく負荷がかからず、体を痛めてしまったり、変に偏って筋肉がついてしまいます。

特に初心者の方の場合、筋トレに正しいフォームがあること、重量をどれくらいに設定すれば良いかなどの知識がない状態です。そのため、まずはインストラクターがいるジムに行き、正しいフォームや適切な負荷のかけ方を教えてもらうことが大切です。

まず最初にインストラクターに見てもらいながら筋トレをスタートし、慣れてきた頃にも、フォームが崩れていないかを見直してもらったりして、1年くらいはインストラクターのいるジムに通うのが良いでしょう。その間にできる限り多くのマシンを経験し、使い方を覚えておくと良いでしょう。

インストラクターのいるジムに通い続けて、一通り自分で筋トレができるようになったら、自宅でのトレーニングや、インストラクターのいない器具だけのジムに行っても大丈夫です。

筋トレの効率をより良くしていくためには?

皆さんは現在進行形で筋トレを行っていますでしょうか?筋トレを行う際には様々なことに気をつけて行う形になると思いますが、筋トレだけを行ってもなかなか筋肉がつかないと言うことを知っておかなければせっかく行った筋トレも台無しになってしまいます。

鍛神HMBの効果と私の口コミ&評価!市販の販売店での売り場も調査!

そんな中で効率よく筋トレを行うことと、筋肉をしっかりとつけるためにどのようなことを気をつけておきたいかということについてお話をしていきましょう。

まず筋肉の原料のほとんどがタンパク質と言われる栄養素から補正されています。筋肉を鍛えていく際に筋肉を傷つけ、その筋肉を修復することによって筋肉がついていきます。

しかしながらその修復を行うタンパク質の摂取量が少なかった際には筋肉の原料となるものがありませんので、筋肉をつけることがなかなか難しくなってしまうことがあるのです。それどころか栄養を摂取しないことによって逆に筋肉が少なくなってしまうことも考えられてしまいます。

そのようなことを起こさないためにも筋トレを行った際にはタンパク質の多いものを摂取したり、タンパク質の多いサプリメントの代表格であるプロテインなどを摂取し、しっかりと筋肉のもとを補っておくことが大事と言えるでしょう筋トレを効率よく行うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレは重く考える必要はない

筋トレと考えると、何も知らない人から見ればすぐにアーノルド・シュワルツネガーみたいになっちゃうのかな…。などと心配する声がたまにありますが、そんなことはありません。

アーノルド・シュワルツネガー他、そもそもボディビルダーとは、5年という歳月を費やさなければ到達できない壁をぶち破った特殊な人たちです。
http://www.exobrass.com/

また、形から入ろうとしてジムに通う選択肢はありますが、長続きしない可能性もありますので、先ずは自宅などで、ランニング、腕立て伏せ、腹筋背筋、スクワットなど基本の筋トレを行いましょう。

器具があった方が効果的ですが、それはある程度鍛えた中級者からと考えてもいいでしょう。

最初のころは、自宅にあるものでも十分に代用できます。

腕立てをするときは分厚い雑誌を使い、更に奥まで腕立てです。

腹筋は一般的な腹筋運動とは別に、プランクと言われるものがあります。さらに強い運動はドラゴンフラッグですね。

背筋は高重量を持ち上げると腰を悪くさせてしまう可能性があるので、こちらは低重量高回数がちょうどよいです。

スクワットの場合、両手にペットボトルを持つか、大きめのバッグに詰めて背負いましょう。

これらちょっとした工夫でも、十分な運動になります。

それなので、ジムや器具などはお金がかかってしまい、場合によっては継続出来ずお金をかけただけ無駄に・・・などということもあるので、身近な方法で試してみてからでも遅くはありません。

この段階まで筋トレにハマってきたら時に、ジム通いを検討してみてはどうでしょうか。