合コンで失敗しない秘訣

私はこれまでの人生で20回以上の合コンを経験してきた。合コンはいろいろなことを教えてくれる。特に私が印象に残った合コンがある。ここでは合コンで失敗しないために、気をつけることを伝えたい。

結婚できない自衛隊へ!

それは初めて合コンに行ったのは大学1年生の時である。大学の友達Aくんが合コンの誘いをしてきた。当時私は、異性に対しての興味は物凄く強かったし、「合コン」は人生で一回でいいから経験してみたいことでもあった。合コンの内容としては、5対5の合コンであり、相手の女性は某女子大学の子たちであった。Aくんと地元が一緒である女の子が知り合いで、そこからお互いの大学から選抜されたのだ。

そして誘いに乗った私は、高鳴る気持ちを抑えて、合コン当日を迎えた。
会場に着くと、既に女性5人が着席していた。私たちは非常に緊張していたため、しばらく棒立ちしていた笑
そこからは楽しい合コンが始まり、初めはテキトーに座り、向かいの方と話す。そのあとは、順番に座席を交換して、全員が話す状態になった。緊張しているのか、苦手な相手なのか会話が盛り上がらない人もいれば、趣味が一緒でいい感じの人たちもいた。

そして自分は、合コンに取り組む姿勢として、「とにかく好かれよう!!」と意気込んできた笑 これが全ての過ちであったのだ。いろんな人と話すうちに、他人に気遣い、場を盛り上げることに徹してしまった。そう、「盛り上げ役」である…

盛り上げ役は、ストレートに言ってモテない、非モテの役割である。なぜなら、特定の人と盛り上がるなら未だしも、全体の空気感を読んで、複数人とわいわいすることが主な目的となってしまう。この時点で、「この人は面白い人だけど、友達でいい」という位置付けになってしまうのだ。
結果として、私は目の前でカップルが誕生し続ける光景を、眺めている悲しい男になっていた。

そしたらどのように、この役割を回避すべきなのか。それはシンプルな話で、特定の相手(狙った子)と話し続けることである。「全員から好かれるよう」という、マインドでは成功する確率は圧倒的に低い。そこから反省した私は、これをベースにテクニックを磨いていき、勝率を80%まで上げることに成功したのだ。

これから人生で合コンを初めてする方は、「盛り上げ役」にならないよう気をつけるべきだ。身をもって経験した者からのささやかなアドバイスである。

記憶に蓋をした、思い出したくのない恋愛

一度だけ大きく歳が離れた年下の彼氏と付き合ったことがあります。歳の差だけでなく、職業的にも不釣り合いで、私たちは禁断の関係と言われるような状態だったと思います。

私のアパートに転がり込むような形で彼氏はやってきました。すぐに半同棲のようになり、始まりはだらしなかったにせよ、生活費まで入れてくれるようになりました。今思えばおままごとのような恋愛でしたが、当時は結婚生活のようで幸せでした。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場

ある日、彼氏から「結婚しよう」の言葉。人生初のプロポーズでした。そして、役所から婚姻届を持ってきてくれて、こんなに幸せなことはあるかと思うほどでした。

しかし、彼氏の親に結婚の挨拶に行こうとしたとき、困難が待っていたのです。いきなりの同棲や歳の差、職業的な問題で、彼氏の母親から「あなたたちは間違っている。結婚は反対です。会いたくない」と大反対されてしまったのです。私は「気持ち悪い」「有り得ない」とも言われてしまい、もう付き合いを継続することすら絶望的でした。彼氏は母子家庭でした。強行突破することもできず、泣く泣く別れるしかありませんでした。

すごく辛い恋愛になってしまったので、これまで記憶に蓋をしていましたが、私ももう結婚し、自分の子どもをもうけた今、あのときの彼氏の母親の気持ちが少しわかりました。