気になる口臭の原因と対処法

年齢を重ねるにつれて、若い頃よりも口臭の悩みが増えてきますよね。

そんな私も20代の頃は気にすることもなかったのですが、年齢とともに悩みに

かわってきています。

口臭の原因として、歯周病や虫歯があげられます。歯みがき不足のひとはいうまでもなく、

原因につながっているでしょう。

http://ihostdz.com/

私は3~5か月に一度歯石をとったり定期的に歯のメンテナンスに行っています。

ですが、歯医者が苦手で若い頃にメンテナンスをしなかったせいか、状態はわるく、

ご飯を食べてすぐ歯みがきをしないと、口の中が気持ち悪くなります。

自分でもこの状態なんだから、口臭はあるんだろうな?と気になります。

原因を調べてみると、やはり歯と歯のすき間に食べかすが詰まっているとか、虫歯で銀の

かぶせ物があるひとは口臭がするそうです。

意外だったのが、舌も汚れているということ。カレーなどを食べたあとは、舌が汚れている

と思ったことはありますが、まさかそれがにおっているとは思っていませんでいた。

舌もきちんと磨いたほうがいいようです。

対処法として、歯間ブラシや糸ようじは効果的のようです。一日一回程度でいいそうです。

その他の対処法として、うがいも口臭を少なくしてくれるそうです。ただし、普通にではなく、

前歯・右奥・左奥という感じにわけて、クチュクチュ音をたてながら、歯のすき間にぶつける

ようにうがいをします。水の勢いで歯間ブラシのような役目になるのでしょうか。

家だったり出かけていたり、その場に合った対処法を選ぶといいですね。

口臭を軽減する手っ取り早い方法

口臭が気になる時は、普段のちょっとした生活習慣を変えてみると改善することがあります。毎日数分でできて簡単に取り入れられるのでチェックしましょう。

イニオの効果は?購入して3ヶ月飲んだ

まず、朝起きたら歯を磨くことです。前日の就寝前に歯を磨いても、起床後は排泄物に近い量の雑菌が増殖しています。すぐに身体に害を与えるわけではありませんが、出勤前や通学前に軽く歯磨きするだけで雑菌の増殖が抑えられ口臭が軽減されます。何より口内環境が良くなることで、口臭の更なる原因・歯周病や虫歯を予防することにもつながります。朝食を食べる人はその後に磨くことが多いですが、朝食を食べない人はこの寝起きの歯磨きを怠りがちです。朝の身支度の数分を利用すれば気軽に実践できるしコスパも良いです。

次に、自分の食生活を見直してみることです。ガムや歯磨きなどでいくら口内環境を清潔にしていても改善されない場合は、胃の内容物の匂いが口腔内まで上がってきている可能性が高いです。ニンニクやニラなど刺激の強いものを頻繁に食べていないか、逆に不規則な食生活を続けていないでしょうか。刺激物は胃や体に負担を与えるため食べ過ぎは控えた方が良いですし、食事時間を固定するのが難しくても野菜ジュースやサラダなどを取り入れることで少しでも栄養バランスを整えるといいでしょう。原因のものを消化しきって効果が出るまで時間はかかりますが、根本的な原因を解決できるなら軽めの方法です。