秋のダイエット法を紹介します。

秋は夏の蒸し暑さが和らぎ、とても過ごしやすい季節です。

秋と言えば頭に浮かぶのは「食欲の秋」ですね。

美味しい食材がたくさんあると、ついつい食べ過ぎてしまいダイエットが必要な方の為に、暑くもなく、寒くもない、この秋のダイエット法をご紹介したいと思います。

運動するには暑くもない、寒くもない涼しい気候は、他の季節より体の負担が少ないので、積極的に体を動かしていきましょう。

そして食べ方のコツですが、最初に野菜や海草を食べる事によって消化に時間がかかりしばらくの間、満腹感が得られるのでダイエットに効果的です。

塩分を控えてスパイスやハーブを積極的に利用し昆布やかつお節をたくさん使って旨味を付けることも効果的です。

また、秋が旬のキノコやポテトダイエット法があります。

キノコのカロリーは低カロリーなので、お腹いっぱい食べても安心です。

そしてお腹のポッコリに効果があると言われていていますので、とてもお勧めの食材です。私もお腹ポッコリなので、キノコを積極的に摂取しようと思います。

イモ類は、カロリーが高そうなイメージがありますが、お腹が満足になるのでダイエット向けの食材です。

繊維質はたっぷりなので、腸内環境を改善する効果があります。

以上で「秋のダイエット法」でした。

秋は涼しい季節なのでどうしても食べ過ぎてしまいがちです。

そして食事だけではなくウォーキングなど体を動かし、バランスの良い食事を摂り、この過ごしやすい秋のダイエットを成功させていきましょう。

夏に痩せやすいのは間違いで、冬のほうが痩せやすい。

夏は少しの運動でも汗をかくため痩せやすく、逆に冬は太りやすいイメージがあると思いますが、実は逆です。夏よりも冬のほうがやせやすいのです。基礎代謝とは、運動をしていなくても細胞を維持するためだけに消費されるカロリーのことです。一日の消費カロリーのうち、実に70%がこの「基礎代謝」です。

冬は気温が低いので、体温を保つために人体はカロリーを消費するように熱を作ります。冬に太る原因は、「運動不足」です。

冬は寒いため、外出する頻度が減るため、歩く時間が短くなりますね。年末年始のお休みで寝正月してしまうこともあります。では、冬に運動不足にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?
    
一番のおすすめは、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うことです。階段をあがる運動は、「大腿四頭筋」と「大臀筋」という大きな筋肉を使う運動で、実はキツめの運動なのです。 一日5分間は階段をあがる時間を作るようにすると良いでしょう。         

他の原因は暴飲暴食です。年末年始は宴会が多く、摂取するカロリーがついつい増えてしまいます。 宴会のときは、お酒の量よりも「つまみ」に注意しましょう。  

揚げ物・肉類・炭水化物はなるべく避け、サラダ・キノコ類・筍・こんにゃく・しらたき・海藻類(ひじき・わかめ・昆布など)など、「食物センイ」の多いつまみを食べるようにすれば太りにくくなります。食物センイはたくさん食べてもカロリーが限りなくゼロに近いので、安心して食べましょう。   逆に、シメのラーメン・うどん・お茶漬けなどの炭水化物は、控えましょう。

標準体重ならばあまり気にする必要はありません。しかし、太りすぎると体内の活性酸素が増えて体のサビつきが進行し、老化が進行します。 「肥満=老化」と思って注意しましょう。

冬は1年の最後なので今ならこれくらい大丈夫だろうと思って油断してると、毎年行う健康診断でびっくり仰天するかもしれません。そうならために適度な運動、そして栄養バランスを考えて実行すれば大丈夫です。

脚を細くしたいなら絶対おすすめ!縄跳びダイエット

ダイエットをしてもどうしても痩せない場所ってありませんか?

脚は痩せにくい場所の一つで、多くの人が悩んでいる部分です。

私も昔から脚が太く、コンプレックスを感じていました。

脚を細くするために何度かダイエットを試みましたが、痩せていくのは上半身ばかりで肝心の脚は太いままでした。

そんな私があるダイエットで脚痩せに成功しました。

それは、縄跳びダイエットです。

ダイエットでは筋肉の量を増やすことが重要です。筋肉の量が増えると基礎代謝があがり、リバウンドしにくい身体になるからです。

縄跳びは全身運動です。続けていると、身体全体に程よく筋肉がついていきます。

さらに、ジャンプすることで脂肪が揺れて燃焼を促進させてくれます。

縄跳びの性質上、脚をよく動かしますので、脚についた余分な脂肪が目に見えて落ちていきます。

やり方は簡単です。毎日縄跳びを30分続けるだけです。

30分飛び続けるのは苦しいので、休み休みで構いません。毎日続けていると、一週間で効果を実感できると思います。

脚の間に隙間ができ、履けなかったズボンが履けるようになります。

ただし、縄跳びは脚にかなりの負荷がかかります。無理をすると脚が痛くなってしましますので注意してください。

片足ずつ交互に跳ぶ、いわゆる駆け足跳びにすると長く続けられます。

縄跳びの運動強度は自転車やジョギングよりも強く、ダイエット効果は非常に高いので減量目的の場合でもおすすめです。

私は食事制限などせずに半年で6キロの減量に成功しました。

ぜひお試しください。