夏に痩せやすいのは間違いで、冬のほうが痩せやすい。

夏は少しの運動でも汗をかくため痩せやすく、逆に冬は太りやすいイメージがあると思いますが、実は逆です。夏よりも冬のほうがやせやすいのです。基礎代謝とは、運動をしていなくても細胞を維持するためだけに消費されるカロリーのことです。一日の消費カロリーのうち、実に70%がこの「基礎代謝」です。

冬は気温が低いので、体温を保つために人体はカロリーを消費するように熱を作ります。冬に太る原因は、「運動不足」です。

冬は寒いため、外出する頻度が減るため、歩く時間が短くなりますね。年末年始のお休みで寝正月してしまうこともあります。では、冬に運動不足にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?
    
一番のおすすめは、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うことです。階段をあがる運動は、「大腿四頭筋」と「大臀筋」という大きな筋肉を使う運動で、実はキツめの運動なのです。 一日5分間は階段をあがる時間を作るようにすると良いでしょう。         

他の原因は暴飲暴食です。年末年始は宴会が多く、摂取するカロリーがついつい増えてしまいます。 宴会のときは、お酒の量よりも「つまみ」に注意しましょう。  

揚げ物・肉類・炭水化物はなるべく避け、サラダ・キノコ類・筍・こんにゃく・しらたき・海藻類(ひじき・わかめ・昆布など)など、「食物センイ」の多いつまみを食べるようにすれば太りにくくなります。食物センイはたくさん食べてもカロリーが限りなくゼロに近いので、安心して食べましょう。   逆に、シメのラーメン・うどん・お茶漬けなどの炭水化物は、控えましょう。

標準体重ならばあまり気にする必要はありません。しかし、太りすぎると体内の活性酸素が増えて体のサビつきが進行し、老化が進行します。 「肥満=老化」と思って注意しましょう。

冬は1年の最後なので今ならこれくらい大丈夫だろうと思って油断してると、毎年行う健康診断でびっくり仰天するかもしれません。そうならために適度な運動、そして栄養バランスを考えて実行すれば大丈夫です。