白髪を味方につける髪変革のマインド作り

35歳を過ぎた頃、ちょこちょこ白髪が生えるようになり、ただそんなに気になる程度ではなく、白髪のことはそれほど気にしていなかった。艶黒美人の効果と私の口コミ評価!

40代になり「フッ」と鏡を見たらびっくり!!鏡に映った自分の姿が… 「誰?このおばあちゃん…」って…一瞬頭の中が真っ白になり、背筋がゾォ?ってしたほど、自分の現実の姿を見るのが辛かった。

だってまだ40代になったばかりで、自分がそんなに老けてしまったなんて自覚はなく、周りの40代の同僚たちも、みんな髪がツヤツヤした黒髪で40代には見えないのだ!一体なぜ私だけ真っ白な髪になり、私だけが突然老たけの!?そんな訳で、髪が綺麗な40代の友達たちに髪の美しさをキープするための秘訣について聞いて見たら、運動を習慣にしているとか、朝ご飯をしっかり食べてるとか、髪はお酢で洗っているとか、ただただ遺伝なんだとか。

私の家系は若白髪が目立つ白髪家系。子供の頃、よく祖母が髪を染めているのを見ていたのを思い出し、また自分の生活習慣を見直して見ることに。確かに自分は食生活に気を使わず、ヘアケアを気にしたことはなく、運動もしない。

自分の髪に対して優しくしてあげたことはない。急激に増えた白髪に悩み、髪を染め、食生活を整え、運動も日々の生活に取り入れたものの、一旦白髪になってしまった髪を、一瞬で黒髪にかえる魔法のようなものはなく、おばあちゃんみたいになった自分の行き方を後悔しながら、ある日近所の美容室に行って髪を染めてもらったのだ。

美容師さんに「白髪が目立つので黒く染めてください。まだ40代なのにもうおばあちゃんみたいですよね…」そう伝えたとこ、美容師さんは「あら、白髪って素敵じゃない!白髪になることで映えるカラーってたくさんあるのよ!グレーにしたり、ゴールドにしたり」「としを否定しないで受け入れ、白髪を受け入れ今までできなかったカラーで遊ぶ方が楽しいのよ!」そう言って私の髪をグレーに染めてくれたのだが、それがあまりにも素晴らしくて、かっこいいのだ。白髪のことなんか気にならず、なんか白髪でも楽しめるようになった。白髪って考えようにはおしゃれをより楽しめる年齢がくれた贈り物であると自分のマインド次第で帰ることができるので、白髪に悩む人はマインドを変えて見てはいかがでしょうか?