天然パーマだいっきらい!

髪は一生自分についてまわるものの、ひとつです。昔の私にとっては髪は好きになれないコンプレックスのひとつでした。幼い時は全く気になることはありませんでしたが、自分の髪は天然パーマと言うことを思春期位から認識し始めました。

ベルタヘアローションの効果と口コミ評価!最安値で購入できる通販は?

写真とるときにはどれだけ整えても次第に変な形になり、質もストレートの子と比べて天使のわっかが出来ることもなく艶などあったものではありません。

髪の毛のことでもかなりいじられました。学校の行き帰りの電車のなかでも女性の先輩が二人でこちらを見ながら聞こえるように陰口をいったり、笑ったりするのを感じ、電車の時間を変えましたがそれを向こうも気づきわざわざ、こちらにあわせて乗ってきたのです。

このこともあり、髪のことをどんどん嫌いになりました。この髪型とは短大に入るまでつきあいました。高校時代に、自分でバイトの給料を貯めていたのでそれで初めて縮毛矯正をしました。

今でも定期的に縮毛矯正続けていますが、真っ直ぐの髪をてにいれて気づいたこともあります。真っ直ぐ過ぎる髪も自分は好きではないことに。

わがままだ!とは思いますが、昔よりも髪は真っ直ぐではないといけないと言うこだわりはなくなりましたし、髪の量が多い、綺麗な黒髪(いたみが少ない)、しっかりした髪質など、いい部分も沢山あることにも視点を変えてみれるようになったので性格もネガティブからポジティブに見れるようになり、今では心も成長したなと強く感じています。

そして結婚式でもストレートではなくかなりパーマをかけた髪型でアレンジして披露すると皆が大変褒めてくれたので似合わない訳じゃなくて自分の心のもちようもあることに気づかされました。私の髪、これからもよろしくね!