常に姿勢を意識する

ある日、自分のおなかがたるんでいる事に気づき、ものすごくショックを受けました。なぜこんなになるまで気づかなかったのかと自己嫌悪に陥りました。お腹が出ている原因として一番の理由は筋力が落ちていることだと思っています。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素

三人の子どもの出産を経て、腹筋がなくなってしまいました。ただ、短時間で済むとはいえど、なかなか筋トレの時間を取ることが難しく、どうしたものかと思い、まずは自分の姿勢を見直すことにしました。まずは座ったときの姿勢。

どうしても背中を丸めて座りがちなので、気付いたときには胸を張り、できる限り、お腹に力を入れて座るようにしています。また外出時には、できるだけ体のラインが分かる細身のジーンズにトップスをウエストインして着るようにしています。誰かに見られている!!と意識することで、姿勢を正し、お腹に力を入れられるようになりました。

たるんでいるからこそ、お腹周りをあえて出し、意識することが大事だと思っています。人から見られていると意識するようになってから、以前よりもウエストがしゅっとしてきたことと、力を入れなくてもお腹がポコッと出なくなりました。自分の体を意識して見るようになって、お尻のラインが以前よりも垂れている事に気づいたり、太もものセルライトが目立っていたりと、自分のマイナスポイントがより見えるようになりました。

今ではお腹だけでなく、お尻をキュッとしめて立つことに意識をしています。