運動前にストレッチをして筋肉を温める

ダイエットをしている人は、運動する前にストレッチを行うべきです。
運動をスタートしてから脂肪酸の燃焼が活発化するまでに10~15分くらいかかるのは、アドレナリンが出されるまでに15分くらいかかること以外にも、筋肉の温度が上がるまでにこのくらいの時間がかかることもあるからです。

快糖茶を辛口評価!効果なしで痩せないという悪評や悪い口コミは嘘?

筋肉細胞のミトコンドリアの中に含有されている脂肪分解酵素であるリパーゼは、常温では働きが悪く、筋肉が温まってくると共に活発化して燃焼効率も上がっていきます。
筋肉の温度を高める最善の方法は、動かして刺激を与えることです。

筋肉の温度が高まるのが早まれば、その分リパーゼの働きも早くなります。
そして、運動をすることで体脂肪をたくさん分解して排出し、燃焼を進められるようになります。
いきなりウォーキングなどの有酸素運動をするより、「歩く前のストレッチ」「ゆっくりした体操」などで筋肉を温めておけば、運動をスタートしてから脂肪酸の燃焼が活発になるまでの時間を短縮することができます。

また、筋肉の温度が上昇し、リパーゼの働きが活発になれば、同じ時間の運動でも体脂肪の分解が進行しやすくなり、脂肪酸も多く燃焼されるようになり、効率よく内臓脂肪を減少させていくことができます。