白髪を気にして金髪に

現在学生の22歳になった僕が「髪」に対しての悩みが、高校から多かった「白髪」である。自分では気づかなかったが、高校生のときに塾に通っていてその時に担当してた先生に「白髪めっちゃあるやん」と言われかなりショックを受けた。

艶黒美人を3ヶ月使った口コミ評価

帰って鏡を見ると言われるまで気づかなかった白髪がかなりあることに気がついた。ショックのあまり先生に言われてからはあまりかぶらなかった帽子を外に出る時は常にかぶるようになっていた。しかし、塾では帽子をかぶりながら授業することはダメだと言われ嫌々脱ぐと、やはり先生に「やっぱり白髪多いな」と少し笑われながらいじられて、正直嫌だったが笑いながら受け流していた。

白髪を気にし出してから3年経ち私は大学生の入学式を控えていた。ただ、白髪が嫌になりすぎて入学式の前に髪の毛を金髪にして入学式を迎えた。入学式を無事に終え花のキャンパスライフを楽しみにしていたが、何故かあまり友達は出来なく1人でいることが多かった。何故友達ができないのか考え、気づいたのが周りに派手な髪色をしていることが居ないことに気がついた。白髪が嫌で望んでいないのに金髪にしたのに、、、白髪のせいでこんなにも友達ができないのかと落ち込み美容院に行き黒染めとこの歳で恥ずかしく白髪染めもしてもらった。黒髪に戻ると友達は入学当初よりも増えたが、できた友達は私に白髪があることに気付いていない、、、