冬に暖かい食べ物を食べてお互い温まりましょう

冬は体が冷えるので温かい食べ物がいいですよね。

温かい食べ物の代表と言えば、鍋ですね。

今年の冬は、家族で鍋パーティを開く計画を立ててみてはどうでしょうか。

ラーメンやうどんは一年中食べますが、鍋焼きうどんなんかは、「冬」って感じです。

鍋焼きうどんは体を温める料理です。体が暖まれば代謝があがり痩せやすい体になります。http://www.s-nishiki.jp/

肥満気味で悩んでいる方は、外側から温めるだけでなく、内側から暖めることがとても大切です。鍋焼きうどんの具材に野菜を入れることで、ビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンBは脂肪や糖質のエネルギー代謝を促進してくれる効果があります。

また、足や手の冷えで悩んでいる方には、むくみ改善効果が期待できるカリウムが含まれています。人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜は、抗酸化力が強いので美容にもお勧めします。

あと、冬の定番の食べ物と言えば、肉まん(あんまん、カレーまん、ピザまん)もありますね。

私はコンビニに行くと、肉まんを必ず買います。時々買いすぎて夕飯が食べられないこともあります。そう言えば、しばらく石焼きイモを食べていませんね。私が子供の頃は、石焼き芋屋さんが自宅の近くまで来てくれたので、毎回買うのが楽しみでした。

日本に住んでいる人は、食べようと思えば、いろんなものを食べられて幸せなのだと思います。寒い冬も、あったかい食べ物を一つの楽しみとして、過ごせたらいいのではないでしょうか。

暑いときにあったかいものを食べるのもいいですが寒い時こそあったかいものを食べて体を温めましょうね。寒い時に温かいものを食べるメリットは、内臓を冷やさないことです。内臓を冷やすと、代謝が低下して免疫力が落ちると風邪やインフルエンザのリスクを軽減します。