自分なりの糖質制限のポイント

あまーいお菓子と大盛りご飯が好きだけど、毎日が幸せではない……

http://filodirettoonlus.org/

そんな時に出会ったのが「糖質制限ダイエット」でした。

この糖質制限をストレス無く実践する為の、自分なりのポイントや考え方を話していきたいと思います。

 まず一つめは、野菜をいっぱい食べる!

……えっ? 糖質はどこに行ったの。

と思うかもしれませんが、これが糖質制限を安全に続けるために一番大切な事なのではと思っています。

野菜には体を健康に保つために必要なビタミン類や、お通じを促す食物繊維が豊富です。

よく「根菜は糖質が多いから駄目」と言う意見も見ますが、根菜は善玉菌の餌になる水溶性食物繊維がたくさんとれます。人参はビタミンAがいっぱいです。

いも類はちょっと糖質が多すぎて危険だけど……

根菜は完全な敵ではないのです!

そんな訳で、葉野菜・根菜関わらず野菜はとても大事。

お腹をいっぱいにする為にもたくさん食べましょう!

 二つめは「たんぱく質を意識する」

……あれ? だから糖質は?

と思うかもしれませんが、たんぱく質は体を作るのに必要なとってもとっても大事な栄養素です。

そして糖質は体を動かすエネルギーになる栄養素です。

糖質制限の中身を「体を動かすエネルギーはもう体に蓄えられているから、それ以外の必要なものを食事で摂取する」と考えると、何を食べるべきか分かりやすいですよね。

 そして三つめ「我慢しすぎない!」

随分自分に甘いなって思うでしょ?

でも我慢すればするほどストレスも溜まるし、もう嫌だと投げ出したくはなりませんか。

それならば「ちょっとだけ・この一食だけ」とガス抜きをさせるのは日々の生活の中で大事な事だと思います。

私がよく頭の中で唱えているのは「食べたい時に食べる」です。

逆に言うと食べたくない時には食べません。

食べたいものが食べれないのは辛い、糖質量の計算が面倒、逆に体を壊した……

糖質制限と聞くとそんなマイナス意見が気になる方も多いと思います。

「ひたすら糖質を減らす」から「糖質以外の栄養をしっかり摂る」と考え方を変える事と、自分の体に必要な栄養と食べるものに含まれている栄養を知る事。

この二つが糖質制限で健康な体に近づける「ダイエット」に必要な事かもしれません。