大きい胸にも大きい悩み

私は昔から、大きな胸がコンプレックスでした。隣の芝は青いとはいいますが、周りに羨ましがられるほど良い物ではない!と常々感じています。

重いし痛いし肩は凝るし、何より洋服が綺麗に着られない。一目惚れしたワンピースも、試着室の鏡で横から姿を確認すると、胸とお腹の間に空間ができてドラム缶体型に見えてしまい、あえなく断念…。

ゆったりした服を着るたびにその空間は生じるので、「私のお腹はそんなに出てない!」と必死に凹ませたり、さりげなく手を添えたりして(笑)誤魔化すことも多々あります。

それに悩んだ結果、いつもスポーツブラや和装用のブラを着用して無理やり潰して外出するようになりました。ですが、窮屈な上に蒸れて汗疹ができてしまう事もあり、家にいる時はほぼ100%ノーブラで過ごしていました。

ルーナナチュラルアップナイトブラの効果と口コミを紹介!鈴木奈々さん愛用の育乳ブラを辛口評価!

そのまま数年が経ち、徐々に自分の胸の形が気になるようになってきました。

ハリがなく垂れている、仰向けに寝転がると横に流れて平らになってしまう、などなど。

気になって調べると、「両胸の形を支えるクーパー靭帯は、一度伸びきると戻らない」という残酷な事実…。

それなりに重い胸を自由にさせてきたツケがもう回ってきていることを実感し、少し落ち込んでいます。

まだ若いから、と油断してはいられません。ナイトブラや筋トレなど、綺麗な胸を保つための勝負は20代前半から既に始まっているのでしょう…!